top of page
  • officesuezaki

fake face dance music /音田雅則

更新日:9月5日

この人も高校生の頃から、いい曲作るなと思ってたけど、この曲で一気に新しい境地に入った気がする。まだ19歳ということで、先日のnatoriと同じく10代の若さで才能溢れる子たちがでてきたのは嬉しい。誕生日も4月19日とわたしと同じなので、私の約40年後に生まれ出た彼は個人的に注目していきたい。


TIKTOKのフォロワーは約20万人を超えており

主にTikTokを中心に作品の公表をしているまさに現代を象徴するアーティスト「幸せ」「アイウタ」などのこれまでも作品はどちらかというとBPMもゆったりしており、甘く切ない癒し系の内省的な秀作が多かったが、今作ではむしろ詩の内容というよりリズム感を重視した心地よい言葉の載せ方、コードはこの曲に至ってはm7が基調で至ってシンプルだが、ベースが肝になっている。いわゆる、米津や藤原、藤井、Vaundyにも通づるミディアムアップの都会的な洒落た現代的R&Bを踏襲する作品。2分台の曲の尺の短さも潔く良いと思う。せっかくなのでもう少し、テンション感やレアグルーヴ感でるといいなと思いつつ。この年齢は驚くほどの吸収力あるので、ジャミロクワイやハリースタイルズはベタだけど、洋楽の気に入ったトラックをドンドン取り入れてほしい。レーベルも調べてみたらSONY系列のTheOrchardの様なのでその辺りは抜かりは無いだろう。











閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page