top of page
  • officesuezaki

瑛人/香水



シンプルだけどピュアで心に刺さる曲です。「ドルチェ&ガッバーナ」というキラーフレーズと、歌いやすさ、当時チューンコアインディで配信発売されtiktokで映像がバズって行ったというのはありますが、今改めて聞いても詩-曲-声-リズムと4拍子揃っている。伴奏はほぼアコースティックギターだけなので、如何に曲そのものが優れているかわかる。


これだけの時代を彩る大ヒットになったのもそもそも力があったのだ。自分に対して正直でピュア、其れが言葉歌声とアコースティックな空間の余韻からじわっと、なんとも切なく伝わってくる。こういうの聞くと本当良いものは良い⭕️と改めて音楽の力の素晴らしさを痛感する。然し当の瑛人さんは最近はどうしているのかな?一発だけでは勿体無い。









閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page