top of page
  • officesuezaki

ハリー・スタイルズ「アズ・イット・ワズ」

2020年代現在の愛聴曲の定期Blogも一旦ここで終了。

今後は気に入ったアーティストや曲(うっかり忘れていたものも含めて)

が出てきたらまたアップします。一旦の締めくくりにふさわしいのはやはり

ハリー・スタイルズ「アズ・イット・ワズ」


ハリー・スタイルズはご存知のとおり2011年に史上最大のボーイズグループ

ワン・ダイレクション(英国)のメンバーとしてデビューして活躍していたことも記憶に新しい。2017年にソロデビュー。そして私個人的に相当インスパイアーされたセカンドアルバム収録のシングル「ウォーターメロン・シュガー」ではキャリア初の全米シングル・チャート1位、そしてグラミー賞の受賞も果たした。この曲はめちゃくちゃかっこいい。昨年4月にはスーパーボールハーフタイムとならびNO1アーティストの証明コーチェラ・フェスティバルにヘッドライナーとして出演。まさに快進撃がとまらない。



そんな中3枚目のアルバムのリードシングルとしてリリースされた

「As It Was | アズ・イット・ワズ」が大ブレイク

この曲も先般紹介のザ・ウイークエンド同様に80年代フレ~バー満開

の大POPS。特に最近のリバイバルブームが起こっている

A-ha「テイク・オン・ミー」


に感化されているのは間違いない。

8ビートまっしぐらのドラム&ドラムマシーンと繰り返しループされる

シンセリフやギターリフがなんとも郷愁感を誘う。



以下SONYMUSIC公式より

「いったんは自分を見失ったものの、再発見し、自らの変化を受け入れるハリーの、複雑ながらも喜びと希望に満ちた心情を表現した、パーソナルなラヴ・ソング。軽やかなギター・リフとエモーショナルな歌声が重なった、ハリーの進化が現れている楽曲だ。ロンドンで撮影されたミュージック・ビデオは、リル・ナズ・X、カーディ・B、リゾ、ポスト・マローンなどのミュージック・ビデオも手掛けた、ウクライナ出身のタヌ・ムイノが監督。現代アートのような世界観で、あらゆる心情を全身で表現するハリーが見どころの映像となっている。」

「As It Was」は、世界200以上の地域のストリーミング及び売上のデータを集計した米ビルボード週間世界チャート「Billboard グローバル 200」及びアメリカを除いた週間世界チャート「Billboard Global Excl. U.S.」でいずれも初登場首位となりその勢いは収まらない。兎に角個人的に勇気と活力をもらった曲だ。


80年代の洋楽フレーバーShizumaProject「LandScape」はこちら










閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page